結納に代わる婚約のスタイル

結納の代わりに、両家そろって顔合わせの食事会をする人が増えています。結婚式前にお互いのことをよく知っておくことは大切なこと、形式にとらわれない自由な雰囲気の中、和やかに歓談して、親交を深めましょう。

結納の代わりに
結納に代わって、両家の食事会を行う人が急増。予算が抑えられる点も魅力的のひとつ

主流になりつつある両家の食事会

両家の食事会は、最近では結納と同じぐらいの割合で行われている婚約披露のスタイル。両家の家族が料亭などに集まり、顔合わせを兼ねて、食事をしながら交流を深めます。その特長は、結納ほど形式にとらわれず、堅苦しくない自由な雰囲気のなかで、挙式や披露宴の簡単な打ち合わせをすることも可能です。

 

会場はレストラなどが一般的

会場は落ち着いてゆっくり話ができる、レストランや料亭の個室が一般的です。

用意するもの?

とくに決まりはありませんが、食事会のなかで婚約記念品の交換をする場合は、事前に相手に贈る記念品を用意しておきます。また、両親が地方から出てくる場合は、出身地の名産品など手みやげを持ってきてもらうと、会話もはずみ、お互いのことを知り合えるきっかけになるでしょう。

食事会のときに用意するもの

【婚約記念品】男性から女性へは婚約指輪、女性から男性へは統計などを贈ります。

【手みやげ】地元の特産品や、菓子折りなどが喜ばれるでしょう。

当日の装い

きちんとした服装が基本。レストラン、料亭など、会場の雰囲気に合った服装を選びます。男性はスーツ、女性ならワンピースなどがよいでしょう。事前に両親とも相談して、両家の格式が揃うようにしましょう。

食事での服装

男性はスーツ、女性はワンピースなど、清潔感のある装いを心がけましょう。平服にする場合は、カジュアルになりすぎないように注意しましょう。

顔合わせ食事会の進行

二人に婚約の披露と両家の顔合わせがいちばんの目的なので、とくに擬る必要はありません。けれど、何も準備せずにのぞんでは、単なる食事会になってしまいます。二人が中心になって進行を考えておきましょう。婚約記念品の交換などセレモニーを入れ、そのほか、家族紹介など、両家の交流が深まる内容を入れるとよいでしょう。

両家の食事会で取り入れたい内容
  • 食事と歓談
  • 自己紹介・家族紹介
  • 婚約記念品の交換
  • 記念写真の撮影
  • 結納金を渡す

両家の食事会の進行例

  1. あいさつ、全員入場
  2. 婚約記念品の交換
  3. 会食
  4. 自己紹介
  5. 結婚式の簡単な打ち合わせ
  6. 歓談
  7. 会食終了
  8. 解散
進行上の注意
男性側の父親に進行役を頼み、あいさつや乾杯の音頭を散ってもらうと良いでしょう。また、二人からのあいさつや、婚約指輪の贈呈などを行ってもよいでしょう。

食事会の費用は?

両家の折半が基本です。食事代は一人5千円から1万円程度が一般的。当日、支払いがスムーズにできるよう、誰がお金をまとめて支払うかなど相談しておきます。

ホテルや専門式場のパックプラン

ホテルや結婚式場の中には、少人数向けの部屋を利用して、結納や両家の会食ができるパックプランを用意しているところがあります。とくに結納の場合は、室料、結納品、数人分の食事などがそろって、10万円〜30万円程度。結納や食事会を手間かけずにきちんと行いたい人は、このようなプランを利用して見ては。

結納ってどんなもの?

結納は、日本に古くから伝わる婚約の儀式,時間や手間がかかるため、最近は省略するカップルも多く、また、結納を行うとしても、両家がホテルなどーカ所に集まって行う「略式結納」が一般的になっています

結納はする?しない?

結納は、地域や家によって考え方が違います。行う、行わないを二人だけで決めずに、必ずお互いの.両親に相談を。両家の意見がくい違ってしまったときは、二人が両家をとりもち、納得のいく方法を探しましょうまた、二人が結納を行いたくない場合は、「費用を新生活にまわしたい」など理由を話し、理解を得るようにしましょう。

パックプランを利用する方法も

結婚式場やホテルでは、結納から祝い膳までをパックにした便利なプランを行っているところも。

結納に必要なもの

結納には、結納晶と日録爵、受階、さらに、それぞれの家族について記した家族辞、親族井を川意します。これらの品物や許類は、デパートや結納品を扱っているお店で3~4.万で購人することができるので、それを利川すると便利です。

結納に必要なもの 結納品婚約の証として贈られる、あわびやかっお節、スルメなどの品。

目録結 納品の品目や数を記入するもの。

最近の結納事情

結納金と結納返し
結納金は結婚の支度金として男性から女性に贈るのが一般的,,50万円.100万円なときりのよい金額を結納金として贈り、地域によっては、その半額を「結納返しJとして返します。

●仲人は立てる?立てない?
最近は仲人を立てない場合か増えています.仲人を立てる場合は早めに依頼を。最初に電話でお願いして、先方の都含のよい日に二人で訪ね、改めて正式にあいさっするのがマナーです。

●日取りは?
績婚式の6-1カ月くらい前に行います,六輝〔六曜)のうち大安、友引、先勝など日柄のよい日の午前中に行うのがよいとされ、午前11時くらいにスタートし、その後、両家そろって食事をするのか一般的。

略式結納の進行

複雑そうに見える結納の儀式ですが、基本は、両家で結納品を取り交わすという、いたってシンプルなもの。ホテルや料亭の結納パックプランを利用する場査は、進行やあいさつの言葉もその会場のスタッフがフォローしてくれるので、あまり神経質になる必要はありません。

結納の日の装い

改まった席にふさわしく、男性ならきちんとしたスーツ、女性なら少し嘩やかなワンピースやスーツ、振袖などがよいでしょう.仲人夫奏や両親も、L役の一.人の格式に合わせて、男性はダークスーツ、女性の場合は、ワンピース、スーツ、和装の訪閲着、付け.トげなどを着川してもらいます。

略式結納の進行例(仲人を立てる場合)

  1. 入室
  2. 仲人のあいさつ
  3. 男性側が仲人に結納品を渡す
  4. 仲人夫人が女性側に、男性側から結納品を渡す
  5. 女性側が仲人夫人に受書と結納品を渡す
  6. 仲人夫人が男性別、女性側からの受書と結納品を渡す
  7. 仲人が締めのあいさつをする
  8. 男性の父、二人の順でお礼のあいさつをする
  9. 終了、祝い膳を囲む
仲人を立てない場合?
結納品の受け渡しの順序は、仲人がいる場合と同じ。仲人夫妻の代わりに男性の父親が進行・受け渡し役となって進めます

結婚を決めてからのおつきあい

あいさつが済んだら、相手の家族との家族との新しい人間関係が始まります。自分の家とは違う相手の家の習慣や考え方に、とまどうことがあるかもしれませんが、少しずつよい関係を築いていくように努力しましょう。

結婚前はまだ他人

結婚前は、結婚式の相談などで相手の両親と連絡を取り合う機会が増えることでしょう。また、夕食をいっしょに食べましょうあとか、家族の行事に参加してほしいと声がかかったりすることもあるでしょう。時にはスケジュールが合わず、顔を出さないこともあるかもしれませんが、よい関係を築くためにも、出来るだけ積極的に参加したいものです。ただし、結婚前は、まだ「身内」でなく「近しい知人」くらいの立場ですから、それを心得た節度あるマナーが必要です。

【食事をいっしょに】
相手の家族に食事に誘われたら、出来るだけ参加を、こうした機会が、お互いを知り合うきっかけになります。

女性だけでなく男性も傷かいを

マナーに気を配るのは、女性も男性も同じ。仕事が忙しくてなかなか相手の両親と会えない場合は、こまめに電話をかけるなどの気配りをしましょう。女性側の両親は、嫁ぐ娘のことをとにかく心配しているもの。結婚する意志があるのかないのかと、両親を不安にさせるようなことは避けましょう。

相手との交際にも節度を心がけて

交際期間が長いカップルは、いつも習慣で、つい親の前でもなれなれしい態度をとってしまいがち、ベタベタしすぎないように注意して。また、一人暮らしの相手の家に、頻繁に訪問しているとしても、親には黙っていた方が良いでしょう。婚前旅行についても、むかしほど目くじらを立てる人は少なくなりましたが、結婚前は「清い関係」を装うもの。心配りです。
【ほどよい交際を】
両親にも好感を持たれる節度のある交際が、二人の結婚を良い方向に理解してもらえることにつながります。

相手の家に宿泊を勧められたら?
先方が熱心に勧めてくれるなら、延長せずに泊まらせてもらいましょう。急に泊まることになった場合、パジャマやタオルを借りても構いません。朝は寝坊しないように注意。使った寝具はきちんとたたむなどの心配りを。
先方の慶時は、?
婚約者の身内にお祝い事が生じた場合、ご祝儀を包んだり、お祝いの席に参加すべきか迷うもの。そんな時は、相手の両親の判断を仰ぐようにしましょう・また、ご不幸があった場合は人手が必要ですから、進んで手伝いを申し出て。ただし、手伝う際は、でしゃばりすぎず控えめに。わからないことがあったら、相手の母親に聞き、指示を仰ぎましょう。
お中元やお歳暮は贈りべき?
相手の家にお中元やお歳暮を贈る習慣があるなら、それに従った方が良いでしょう。経済的に苦しながら、正直に事情を説明しましょう。その場合、相手からいってもらった方が角が立ちません。

プレゼントもらったら?
まず、きちんとお礼を伝えることが大切。直接手渡しされたらその場で、送られてきたものなら電話で感謝の気持ちを述べます。お返しはしなくても構いませんが。心苦しいなら、母の日など何かの折に、お返しを渡すと良いでしょう。
年賀状・暑中お見舞いは?
年賀状や暑中お見舞いなど、季節の挨拶は、ぜひ行いたいもの、どちらも相手から送られてきてから出すのは気まずいので、筆不精の人は注意して。年賀状が元旦に、暑中見舞いは7月15に頃から8月7、8日(立秋)頃までに着くようにします。
甥・姪へお年玉?
まだ、結婚前なら、相手の甥や姪へのお年玉は不要。ただし、お正月に家族みんなが実家に集まるような場に呼ばれ、何かあげたいと考えるなら、ちょっとしたお菓子など子供が喜ぶのを手土産にすると良いでしょう。

結婚を決めたら

  • 二人らしい結婚をするためには?
  • 相手の両親に挨拶する時に注意することは、?
  • 結婚を決めてからの相手の家族とのおつきあいは、?
  • 婚約するってどいうこと?
  • 結納はする?しない?
  • 結納に代わる婚約のスタイルって?

相手の両親にあいさつに行く

二人で結婚の約束をしたら、早めにお互いの両親に報告を、すでに相手の両親と顔見知りの間柄でも、改めて報告をしましょう。このあいさつが、これから、二人の結婚の準備を和やかに進めていくための第一歩です。

訪問のマナー

二人の間で結婚の約束をしたからといって、前ぶれもなく相手の家に行くのは避けたいもの、まず、お互いの両親に口頭で結婚したい人がいることや、どんな人なのかを伝えておきます。そのうえで都合を聞き、日取りを決め、あいさつに出向きましょう。

何を着ていく?

訪問の際は、きちんとした服装で出かけましょう。男性ならスーツ、女性ならスーツかワンピースが理想的。派手すぎる装いやTシャツ、ジーンズなどのカジュアルな格好は、良い印象を与えないので気をつけて。また、髪型や身だしなみにも気を配り、清潔感を心がけます。

手みやげは必要?

手ぶらで訪問するのは、マナー違反。手みやげを持参しましょう。果物やお菓子が一般的ですが、いずれも、日もちのするものを選びます。事前に好みを聞いておくとよいでしょう。避けたいのは、訪問先の近所で購入すること。いかにも間に合わせの印象を与えてしまいます。また、地方にもよりますが、お茶は不祝儀で使われるものなので、避けたい方が無難でしょう。

笑顔で会話を

相手の両親からの質問には、笑顔ではきはき答えましょう。自分のことばかり話したり、もじもじして相手(彼や彼女)に助け船を求めるのは、あまり良い印象を与えないので注意して。事前に両親の趣味などを聞いておくと、会話に困らないでしょう。

こんなときどうする? 訪問マナー Q&A

 

お手伝いはすべき?
お茶や食事をご馳走になった際、食べっぱなしでがよくありません。片付けのため
に彼のお母さんが台所に立ったら、「お手伝いしましょうか?」と一言かけましょう。ただし、あまりでしゃばるのもよくありません。彼のお母さんの指示に従って手伝いましょう。
訪問後のお礼?
家に帰ったら電話をし、「今、帰ってきました。今日はとても楽しかったです」と気持ちを伝えると良いでしょう。お礼状は必ず必要ではありませんが、送ると好感度が上がります。遅くなればなるほど感謝の気持ちは伝わりにくくなるので1週間以内にはでしたいものです。
相手の両親をどう呼べはよい?
「お義父さん、お義母さん」ではなれなしい印象を与えます。「おじさま、おばさま」か〇〇さん(相手の名前)のお父さん、〇〇さんのお母さん」と呼びましょう。また、彼のことを呼ぶ時はくんづけでなく、さんづけで。ニックネームで呼ぶことは禁物です。両親の前では、二人はまだ他人だと意識して。
暇の頃合いは?
原則的に長居は禁物。1回の訪問は2時間くらいを目安に、「そろそろおいとまします」と切り出します。

会場選びと演出プラン

利用できる会場はどんなところがあるの?
挙式や披露宴のスタイルって?
下見のときには何をチェックしたら良い?
上手な予算の立て方は?
演出のアイデアにはどんなものがある?
小規模な結婚式するにはどうしたら良い?
海外挙式をするにはどうしたら良い?