結納に代わる婚約のスタイル

結納の代わりに、両家そろって顔合わせの食事会をする人が増えています。結婚式前にお互いのことをよく知っておくことは大切なこと、形式にとらわれない自由な雰囲気の中、和やかに歓談して、親交を深めましょう。

結納の代わりに
結納に代わって、両家の食事会を行う人が急増。予算が抑えられる点も魅力的のひとつ

主流になりつつある両家の食事会

両家の食事会は、最近では結納と同じぐらいの割合で行われている婚約披露のスタイル。両家の家族が料亭などに集まり、顔合わせを兼ねて、食事をしながら交流を深めます。その特長は、結納ほど形式にとらわれず、堅苦しくない自由な雰囲気のなかで、挙式や披露宴の簡単な打ち合わせをすることも可能です。

 

会場はレストラなどが一般的

会場は落ち着いてゆっくり話ができる、レストランや料亭の個室が一般的です。

用意するもの?

とくに決まりはありませんが、食事会のなかで婚約記念品の交換をする場合は、事前に相手に贈る記念品を用意しておきます。また、両親が地方から出てくる場合は、出身地の名産品など手みやげを持ってきてもらうと、会話もはずみ、お互いのことを知り合えるきっかけになるでしょう。

食事会のときに用意するもの

【婚約記念品】男性から女性へは婚約指輪、女性から男性へは統計などを贈ります。

【手みやげ】地元の特産品や、菓子折りなどが喜ばれるでしょう。

当日の装い

きちんとした服装が基本。レストラン、料亭など、会場の雰囲気に合った服装を選びます。男性はスーツ、女性ならワンピースなどがよいでしょう。事前に両親とも相談して、両家の格式が揃うようにしましょう。

食事での服装

男性はスーツ、女性はワンピースなど、清潔感のある装いを心がけましょう。平服にする場合は、カジュアルになりすぎないように注意しましょう。

顔合わせ食事会の進行

二人に婚約の披露と両家の顔合わせがいちばんの目的なので、とくに擬る必要はありません。けれど、何も準備せずにのぞんでは、単なる食事会になってしまいます。二人が中心になって進行を考えておきましょう。婚約記念品の交換などセレモニーを入れ、そのほか、家族紹介など、両家の交流が深まる内容を入れるとよいでしょう。

両家の食事会で取り入れたい内容
  • 食事と歓談
  • 自己紹介・家族紹介
  • 婚約記念品の交換
  • 記念写真の撮影
  • 結納金を渡す

両家の食事会の進行例

  1. あいさつ、全員入場
  2. 婚約記念品の交換
  3. 会食
  4. 自己紹介
  5. 結婚式の簡単な打ち合わせ
  6. 歓談
  7. 会食終了
  8. 解散
進行上の注意
男性側の父親に進行役を頼み、あいさつや乾杯の音頭を散ってもらうと良いでしょう。また、二人からのあいさつや、婚約指輪の贈呈などを行ってもよいでしょう。

食事会の費用は?

両家の折半が基本です。食事代は一人5千円から1万円程度が一般的。当日、支払いがスムーズにできるよう、誰がお金をまとめて支払うかなど相談しておきます。

ホテルや専門式場のパックプラン

ホテルや結婚式場の中には、少人数向けの部屋を利用して、結納や両家の会食ができるパックプランを用意しているところがあります。とくに結納の場合は、室料、結納品、数人分の食事などがそろって、10万円〜30万円程度。結納や食事会を手間かけずにきちんと行いたい人は、このようなプランを利用して見ては。

2020年8月5日 結納に代わる婚約のスタイル はコメントを受け付けていません ウェディング