結納ってどんなもの?

結納は、日本に古くから伝わる婚約の儀式,時間や手間がかかるため、最近は省略するカップルも多く、また、結納を行うとしても、両家がホテルなどーカ所に集まって行う「略式結納」が一般的になっています

結納はする?しない?

結納は、地域や家によって考え方が違います。行う、行わないを二人だけで決めずに、必ずお互いの.両親に相談を。両家の意見がくい違ってしまったときは、二人が両家をとりもち、納得のいく方法を探しましょうまた、二人が結納を行いたくない場合は、「費用を新生活にまわしたい」など理由を話し、理解を得るようにしましょう。

パックプランを利用する方法も

結婚式場やホテルでは、結納から祝い膳までをパックにした便利なプランを行っているところも。

結納に必要なもの

結納には、結納晶と日録爵、受階、さらに、それぞれの家族について記した家族辞、親族井を川意します。これらの品物や許類は、デパートや結納品を扱っているお店で3~4.万で購人することができるので、それを利川すると便利です。

結納に必要なもの 結納品婚約の証として贈られる、あわびやかっお節、スルメなどの品。

目録結 納品の品目や数を記入するもの。

最近の結納事情

結納金と結納返し
結納金は結婚の支度金として男性から女性に贈るのが一般的,,50万円.100万円なときりのよい金額を結納金として贈り、地域によっては、その半額を「結納返しJとして返します。

●仲人は立てる?立てない?
最近は仲人を立てない場合か増えています.仲人を立てる場合は早めに依頼を。最初に電話でお願いして、先方の都含のよい日に二人で訪ね、改めて正式にあいさっするのがマナーです。

●日取りは?
績婚式の6-1カ月くらい前に行います,六輝〔六曜)のうち大安、友引、先勝など日柄のよい日の午前中に行うのがよいとされ、午前11時くらいにスタートし、その後、両家そろって食事をするのか一般的。

略式結納の進行

複雑そうに見える結納の儀式ですが、基本は、両家で結納品を取り交わすという、いたってシンプルなもの。ホテルや料亭の結納パックプランを利用する場査は、進行やあいさつの言葉もその会場のスタッフがフォローしてくれるので、あまり神経質になる必要はありません。

結納の日の装い

改まった席にふさわしく、男性ならきちんとしたスーツ、女性なら少し嘩やかなワンピースやスーツ、振袖などがよいでしょう.仲人夫奏や両親も、L役の一.人の格式に合わせて、男性はダークスーツ、女性の場合は、ワンピース、スーツ、和装の訪閲着、付け.トげなどを着川してもらいます。

略式結納の進行例(仲人を立てる場合)

  1. 入室
  2. 仲人のあいさつ
  3. 男性側が仲人に結納品を渡す
  4. 仲人夫人が女性側に、男性側から結納品を渡す
  5. 女性側が仲人夫人に受書と結納品を渡す
  6. 仲人夫人が男性別、女性側からの受書と結納品を渡す
  7. 仲人が締めのあいさつをする
  8. 男性の父、二人の順でお礼のあいさつをする
  9. 終了、祝い膳を囲む
仲人を立てない場合?
結納品の受け渡しの順序は、仲人がいる場合と同じ。仲人夫妻の代わりに男性の父親が進行・受け渡し役となって進めます
2020年8月5日 結納ってどんなもの? はコメントを受け付けていません ウェディング