結婚を決めてからのおつきあい

あいさつが済んだら、相手の家族との家族との新しい人間関係が始まります。自分の家とは違う相手の家の習慣や考え方に、とまどうことがあるかもしれませんが、少しずつよい関係を築いていくように努力しましょう。

結婚前はまだ他人

結婚前は、結婚式の相談などで相手の両親と連絡を取り合う機会が増えることでしょう。また、夕食をいっしょに食べましょうあとか、家族の行事に参加してほしいと声がかかったりすることもあるでしょう。時にはスケジュールが合わず、顔を出さないこともあるかもしれませんが、よい関係を築くためにも、出来るだけ積極的に参加したいものです。ただし、結婚前は、まだ「身内」でなく「近しい知人」くらいの立場ですから、それを心得た節度あるマナーが必要です。

【食事をいっしょに】
相手の家族に食事に誘われたら、出来るだけ参加を、こうした機会が、お互いを知り合うきっかけになります。

女性だけでなく男性も傷かいを

マナーに気を配るのは、女性も男性も同じ。仕事が忙しくてなかなか相手の両親と会えない場合は、こまめに電話をかけるなどの気配りをしましょう。女性側の両親は、嫁ぐ娘のことをとにかく心配しているもの。結婚する意志があるのかないのかと、両親を不安にさせるようなことは避けましょう。

相手との交際にも節度を心がけて

交際期間が長いカップルは、いつも習慣で、つい親の前でもなれなれしい態度をとってしまいがち、ベタベタしすぎないように注意して。また、一人暮らしの相手の家に、頻繁に訪問しているとしても、親には黙っていた方が良いでしょう。婚前旅行についても、むかしほど目くじらを立てる人は少なくなりましたが、結婚前は「清い関係」を装うもの。心配りです。
【ほどよい交際を】
両親にも好感を持たれる節度のある交際が、二人の結婚を良い方向に理解してもらえることにつながります。

相手の家に宿泊を勧められたら?
先方が熱心に勧めてくれるなら、延長せずに泊まらせてもらいましょう。急に泊まることになった場合、パジャマやタオルを借りても構いません。朝は寝坊しないように注意。使った寝具はきちんとたたむなどの心配りを。
先方の慶時は、?
婚約者の身内にお祝い事が生じた場合、ご祝儀を包んだり、お祝いの席に参加すべきか迷うもの。そんな時は、相手の両親の判断を仰ぐようにしましょう・また、ご不幸があった場合は人手が必要ですから、進んで手伝いを申し出て。ただし、手伝う際は、でしゃばりすぎず控えめに。わからないことがあったら、相手の母親に聞き、指示を仰ぎましょう。
お中元やお歳暮は贈りべき?
相手の家にお中元やお歳暮を贈る習慣があるなら、それに従った方が良いでしょう。経済的に苦しながら、正直に事情を説明しましょう。その場合、相手からいってもらった方が角が立ちません。

プレゼントもらったら?
まず、きちんとお礼を伝えることが大切。直接手渡しされたらその場で、送られてきたものなら電話で感謝の気持ちを述べます。お返しはしなくても構いませんが。心苦しいなら、母の日など何かの折に、お返しを渡すと良いでしょう。
年賀状・暑中お見舞いは?
年賀状や暑中お見舞いなど、季節の挨拶は、ぜひ行いたいもの、どちらも相手から送られてきてから出すのは気まずいので、筆不精の人は注意して。年賀状が元旦に、暑中見舞いは7月15に頃から8月7、8日(立秋)頃までに着くようにします。
甥・姪へお年玉?
まだ、結婚前なら、相手の甥や姪へのお年玉は不要。ただし、お正月に家族みんなが実家に集まるような場に呼ばれ、何かあげたいと考えるなら、ちょっとしたお菓子など子供が喜ぶのを手土産にすると良いでしょう。
2020年8月5日 結婚を決めてからのおつきあい はコメントを受け付けていません ウェディング