犬種別おすすめ食材

犬種別おすすめ食材その他




犬種によってからだにいい食材が違うことをご存知ですか?
それには出生地の風土と食べ物が関係しているようです。

ミニチュアダックスフンド(ドイツ)

元祖のダックスフンドは猪やアナグマなどの犬として飼われていました。高脂肪、低たんぱく食がよいといわれていますが、運動不足の場合は肥満になる可能があるので注意。老齢になると歯肉の病気になりやすので、ビタミンAとミネラル不足に注意したい。おすすめ食材は、馬肉、牛肉、小麦。トウモロコシ。

シーズ(チベット)

チベットから中国の皇帝へ買物として贈られたといわれています。その後、世界中で飼われるようになったとか。シーズーは脂肪からエネルギーへ転換する働きが優れているので、たんぱく質よりも脂肪の多い食事が好まれます。おすすめ食材は、鳥肉、豚肉、大麦、お米、大豆。

ヨークシャーテリア(イギリス)

チワワと同じように炭鉱のネズミ捕りとして飼われていました。昔は体重約7kgが標準。おすすめ食材は馬肉、牛肉、ポテト、ライ麦、大麦、サトウダイコン(ビート)。

チワワ(メキシコ)

メキシコ先住民のトルテカ族の司祭に欠かせない犬といわれています。古代メキシコは寺院のねずみ駆除として飼われていたことといい伝えがあるほど、だからこそ、げっ歯類の肉をおすすめしますが、手に入らないので猪や鶏肉で代用しましょう。また、マンゴーやアボガドなどトロピカフルーツもいい。