厚底ランニングシューズのメリットとデメリット

その他




NIKEから発売されている厚底シューズを知っていますか?

2018年2月に16年振りの日本記録を更新した設楽悠太選手(2時間6分11秒)や、10月のシカゴマラソンで設楽選手をさらに21秒も上回るタイムで日本記録を更新した大迫傑選手(2時間5分50秒)が履いていた噂のシューズです。
彼らが履いていたシューズはNIKE ZOOM VAPOR FLY 4%(ナイキ ズーム フライ ヴェイパー フライ 4%)というシューズで、従来のシューズと比べてみるとかなりの厚底になっているのが特徴です。
この厚底シューズ・ヴェイパーフライを履いて日本記録を更新したこともあり、一般ランナーの間で一度は履いてみたい憧れのシューズとなっています。

厚底ランニングシューズ 一覧

メリット

①スピードを出しやすい!
②歩幅(ストライド)が伸びる!
③前傾姿勢を維持しやすい!
④上り坂が少し楽になる!?
⑤厚底なので衝撃が吸収される!
⑥最後まで足に余裕が生まれる!?

▼ デメリット

①勝手にスピードが出てしまう
②ペース感覚に微妙なズレが生じる
③勝手に歩幅(ストライド)が伸びてしまう
④歩幅が伸びるので今まで以上の筋力が必要となる
⑤地面を蹴ろうとするとギクシャクする
⑥厚底なので足を挫く可能性がある
⑦これまでとは違う感覚に戸惑う