はじめてのネットショップ基本知識

はじめてネットショップネットショップ




ショップってどんなお店?

「自分のお店を持ちたい」という夢を簡単にかなえてくれるのがネットショップです。ネットショップの特徴を最初に見ておきましょう。

簡単に開設できるネットショップ

●ネットショップとは?

ネットショップは、インターネット上に仮想店舗に構え、商品やサービスを販売するお店のことをいいます。ネットショップには、実際の店舗(実店舗)が必要なく、顧客もインターネット上のwebサイトか商品を購入していくため、顧客と顔を合わせることはありません。顧客はインターネット上の商品写真を見て、商品の解説を読み、気に入れば購入していくことになるので、わざわざ店舗に足を運ばなくても、全国どこからでも(必要ならば海外からも)商品を購入することができるのです。

現在ではインターネット上に多くのネットショップが出店しており、さまざまな種類の商品を購入できるようになっています。代金の支払いや商品の配送など、ネットショップ特有の問題がありますが。それらを代行したり、簡素化したりするためのサービスもたくさん定休されていて、ショップ運営初心者でも簡単にお店を開業することができます。

●リアルショップとの違いは?

実際に店舗を構えて営業しているリアルショップと、実店舗のないネットショップでは、商品を販売するという点は同じですが、ネットショップには、リアルショップにないメリットがあります。

●売る側、買う側それぞれのメリットとは?

売る側買う側
ネットショップオーナー顧客
・24時間営業することが可能・いつでも買い物を楽しむことができる
・店員が1人(オーナー)だけでも運営可能・商品が配送されるので、買い物に出かける必要がない
・低予算で営業することが可能など・多くの商品から自分の気に入ったものを購入できるなど

●ネットショップとリアルショップ比較

ネットショップリアルショップ
実際の店舗の有無なし。あり。
商品情報webサイト上に商品写真と商品解説文を掲載する。店舗に商品を陳列し、商品情報を店員から聞くなどする。
商品の質問メールや電話で問い合わせる。直接店員に聞く
商品のお持ち帰り後日配送するので、持ち帰りはできない。その場に商品があるので、購入して持ち帰ることが可能。
代金の支払い方法銀行振込やカード払い、代金引換などさまざまな支払い方法がある。現金をその場で店員に直接支払うか。カードによる支払いが一般的。
営業時間24時間営業可能朝から夕方までが一般的で、定休日もあるのが普通。
お店への安心感店員と顔を合わせることがなく、初回購入時は不安を感じやすい。店舗があり、店員に何でも質問できるので、安心して商品購入できる。
商品の充実度webサイト上で写真や解説文を使って商品を紹介するので、ほとんど無限に商品を追加することが可能。店舗の限られたスペースに陳列するため、規模によってはたくさんの商品を紹介することが困難。

●ネットショップのメリット

年中無休の営業が可能

ネットショップはお店を閉じる事なく、夜中でも顧客は商品を購入することができます。商品の注文を受けたネットショップ側も24時間以内をメドにメールで代金の支払い方法や商品の送り先の確認を行えばいいので、顧客からの連絡を常に待つ必要はありません。

世界中の人が顧客

インターネットを通して商品を販売しているネットショップでは、世界中の人が顧客になりうる可能があります。近所の人しか利用できないリアルショップと違って多くの人が商品を見てくれるので、ビジネスチャンスも豊富です。

運営費を抑えられる

店員を常連させる必要がないため、ショップオーナー1人で運営することも可能です。人件費を抑えられると共に、店舗がないため賃料も発生しないので、ランニングコストを大幅に削ることができます。

開業費を抑えられる

リアルショップを開業する場合、店舗の賃貸契約で敷金や礼金を用意し、光熱費なもかさみます。商品を陳列する棚や照明などの什器を用意する必要もあり、最初の設備費用が多くなってしまいます。一方、ネットショップでは店鋪がなく、什器類も在庫管理用しか必要ないため。初期費用を抑えることができます。

新商品をすぐに詳しく

新商品が入荷したら、リアルショップの場合、POPの作成や商品陳列の移動などで時間がかかりますが、ネットショップでは商品の写真と説明文を用意するだけで、すぐに販売することができます。また、説明文を詳しくする事で、商品がどんなものなのかを容易に伝えることが可能です。

●ネットショップのデメリット

商品に触れない

実際に商品を手にとって見ることができないため、商品の細かい箇所や気になる点をチェックすることができません。ネットショップでは写真でしか商品を確認できないため、「購入したら、思っていた色と違った」などのクレームが起こることもあります。

店鋪がないため不安に

インターネット上で顔の見えないお店相手に買い物をすることに不安を感じる人が多くいます。インターネット詐欺や個人情報流出などの心配がつきまとうためです。ネットショップ未経験者の利用しない理由のほとんどが「不安だから」だといわれています。

送料の負担が必要

購入金額に応じて送料無料サービス実施しているネットショップもありますが、基本的に商品代金のほかに配送料が発生します。安価なものになればなるほど、送料の割合が増え、ネットショップで購入するとかえって高かったりすることも考えられます。

顧客がネット利用者に限られる

当然のことですが、インターネットを利用できる環境がなければ、ネットショップでの買い物はできません。さらに、買い物方法が複雑だったりすると、パソコンやインターネットに不慣れ初心者はなかなか購入してくれないこともあります。また、看板さえ出していれば誰かの目に留まるリアルショップとは異なり、インターネットを通じて大勢の人に来店してもらうためには、さまざまな工夫が必要です。

 

 

こんな人にはネットショップがおすすめ

ネットショップを運営している人はどんな目的を持ってショップを始めたのでしょう。ネットショップでできることについて考えましょう。

ネットショップで実現できること

●ショップ開設の目的を考えてみよう

すでに説明したように、ネットショップには「低コストで開業・運営できる」「店員が常駐しなくても、24時間営業可能」など、多くにメリットがあります。そのため、リアルショップの運営が難しいという人でも、比較的容易に開業することができます。「こんな商品を売りたいけど、店舗を構えて営業するのは無理」と考えていた人にとっては、歓迎すべきことでしょう。また、ショップのコンセプトから販売する商品まで、運営者自身が自由に決められるのも特徴です。インターネットを活用したビジネスの中でも、創意工夫によって収益が伸びる可能性が高いという点では、他に類を見ないといっても良いでしょう。では、ネットショップの運営はどんな人に適しているのでしょうか。具体的に考えてみましょう。

●ネットショップ開設のいろいろ目的

[deco_bg image=”postit1″ width=”400″]オリジナル商品を販売したい[/deco_bg]
[deco_bg image=”postit1″ width=”400″]趣味で作った作品を売りたい[/deco_bg]
[deco_bg image=”postit1″ width=”400″]特技や知識を活かしてビジネスを始めたい[/deco_bg]
[deco_bg image=”postit1″ width=”400″]実店舗の支店をネット上に作りたい[/deco_bg]
[deco_bg image=”postit1″ width=”400″]ネットを活用してお金を稼ぎたい[/deco_bg]

[deco_bg image=”postit1″ width=”400″]副業としてできる仕事がしたい[/deco_bg]

[deco_bg image=”postit1″ width=”400″]ネットショップで独立を目指したい[/deco_bg]
●趣味で作った商品を販売してみたい
自分のこれまでの趣味の幅を広げるという意味でも、ネットショップは活用できます。陶芸が趣味の人は自分の作品をネットショップで販売することができます。自分の作品を多くの人に知ってもらえるという点でも楽しみが増えるでしょう。
アクセサリー作りや絵画制作など、趣味で作品を作っている人はネットショップを利用して販売してみると、交流も広がり、趣味の幅が広がるかもしれません。

●オリジナルの商品を販売してみたい
自分で制作したロゴやイラストをTシャツやマグカップに印刷したオリジナル商品を制作して販売して販売しても良いでしょう。オリジナル商品は他のショップでは販売されていないので、顧客が気に入ってくれれば、リピーターとして何度も足を運んでくれるでしょう。絵やイラストを描くのが好きな人や、自分の作曲した曲をオルゴールにして販売する方法もあります。アーティスト志向の強い人はオリジナルブランドを立ち上げて、自分のネットショップで販売することもできる。
●実店舗の支店を出したい
すでにリアルショップを運営している人が、そのショップの支店としてネットショップを開設するのも良いでしょう。実店舗を構えるリアルショップの支店を出すのと異なり、低コストで時間もそれほどかからずに準備、開業することができるはずです。リアルショップとネットショップを併設して営業しているお店は少なくありません。リアルショップの宣伝や商品告知をネットショップで行ったり、ネットショップでクーポン券を配布してリアルショップで商品購入時に割引サービスを提供したり、逆にリアルショップでネットショップのURLを印刷したカードを配ったりすれば、相乗効果による両者の売上アップを見込むこともできます。

●経験や知識を生かした商品を販売したい
仕事で長い間海外にいて外国の生活雑貨に詳しかった李、大学などでこれまで学んだ知識を参考にして「これだったら売れる」と思えるものがあったりすれば、開業資金を低く抑えられるネットショップで「とりあえず」商品を販売しても良いでしょう。テスト的にネットショップで商品を販売し、反響が大きかったら、実店舗を用意してリアルショップで始めることもできます。ネットショップをアンテナショップとして使うのです。
●ネットを通じて多くの収益を上げたい
自分で商品の価格を決めることができるネットショップは、アフィリエイトよりも高収入を望むことができます。アフィリエイトは売上の何%かを報酬として受け取る仕組みのため、自分で報酬率を変えるこうはできません。一方、ネットショップでは、取り扱う商品の円卓や商品の価格まで決められます。高額商品を取り扱って利益率を高くすることで、多くの収益を上げることも夢ではないでしょう。